平成28年度の全川全面禁漁について(重要)

 今年もアユ資源は非常に厳しい状況にあり、産卵親魚を保護するのため昨年に引き続き全川全面禁漁の開始を10日間前倒しして、10月1日から11月30日までとさせていただきました。

 高津川のアユ資源を守るために、皆さんのご理解とご協力を賜りますよう、お願いいたします。

注意!!クマが目撃されています。

 高津川流域でもクマの目撃情報があります。

8月4日には匹見川(猪木谷)でも目撃されました。

友釣りに来られる場合はクマ除け対策を十分行うように気をつけてください。

アユ竿釣り

高津川のアユ竿釣りについて

組合本所は9月までは土日も営業しています。日原支所は盆休みがあります。(組合行事により臨時休業の場合もあります)

 

※全川全面禁漁は10月11日からとなっていますが、あゆ資源状況により、やむを得ず、全川全面禁漁の開始日を早めることがありますので、あらかじめご了承ください。(平成27年度は10月1日から全面禁漁となりました)

 

平成28年度渓流釣り漁期終了

漁期は3月1日~8月31日までです。

 

★重要なお知らせ

全川全面禁漁について

現在、高津川の全面禁漁は10月11日から11月30日までと設定されていますが、鮎の資源状況によっては繁殖保護上やむを得ず全面禁漁期間の開始日を早める可能性があります。その場合は、事前にHP、漁協掲示板、立て看板等でお知らせしますのでご注意ください。高津川のアユを守っていくための取り組みにご理解をお願いいたします。

 

ゴミ放置についての注意

吉賀町柿木村白谷地区、日原町、匹見町の一部で、遊漁者がゴミの放置をしたせいで、駐車スペースが封鎖されています。

一部の方のゴミの放置で地主の方が大変迷惑したためです。

その人自身だけでなく、そのほかの遊漁者全体が迷惑することになるので、絶対にゴミの放置はしないでください。

そんな迷惑な遊漁者には高津川に釣りに来てほしくありません。

オトリ販売、天然あゆの買取りについて

天然あゆの買い取りについて

鮎解禁日より、天然あゆの買取りをしています。 (鮎の買い取りは夕方は午後6時30分まで。時間は変更になることがあります。)

オトリの販売は朝6時からです。

 

高津川で獲れるあゆは美味しく大変人気があります。

皆さんの活あゆの持ち込みをお待ちしています。

(死んでいても、氷水に入れてあるなど、鮮度の良い生あゆなら買い取ります)

 

詳しくは、天然鮎の買い取りについてのページをご確認ください。

鑑札に関する変更事項(平成24年度より変更)

◎あゆ竿釣り年鑑札に写真が必要になりました。

平成24年度より、高津川ではあゆ竿釣りと投網の年鑑札で、写真が必要になります。 運転免許証の写真と同サイズを、鑑札の交付所・取扱所にご持参下さい。

ご協力をお願いします。

 

平成27年度は10月1日から全川全面禁漁になります。

平成27年10月1日から11月30日まで、全川全面禁漁になります。皆さんご協力下さい。

また、10月6日からは産卵場が禁漁になります。産卵場は安富町西益田大橋上流端より下流、飯田大橋下流端までです。

お知らせ

高津川の様子や釣果情報、漁協からのお知らせなどをブログで配信しています。以下の「山陰の清流 高津川のあゆ釣り情報バナー」をクリックすると別画面でブログが表示されます。携帯でアクセスする場合は、バナーにあるQRコード、もしくは左サイドナビのQRコードからアクセスしてください。

産卵場造成と河床のならし作業の様子です。(H23)

産卵場に適した流れになるように造成しています。下の2枚の写真は組合員や有志の皆さんで産卵場の河床を均している様子です。

 

高津川の魅力満載の写真集

写真集:日本一の清流 高津川
写真集:日本一の清流 高津川

高津川流域の魅力が満載の写真集が出来上がりました。高津川流域で活動されるフォトクラブ高津川21様の写真を中心に、流域の季節の行事や美しい景色、生き物が満載です。

 

益田地区広域市町村圏事務組合様で税込1,000円で販売されています。

 

是非高津川の魅力をご堪能下さい。

高津川であゆ釣りをされる方へ
あゆ釣りポイント・放流情報
鑑札交付所・おとり鮎販売所

天然あゆ・川ガニ・ウナギ・あゆ加工品をご購入の場合

天然鮎・天然ガニ・天然ウナギ・鮎加工品販売はこちらから
天然あゆ・天然ガニ・天然ウナギ・あゆ加工品をご購入の場合は上記バナーをクリックしてください。

島根の清流高津川

高津川
高津川
高津川 天然鮎
高津川 天然鮎

高津川は全国の一級河川の中でも珍しくダムのない河川です。
河川水がダムによって貯水されることがないため、常に新鮮で豊な水量を湛え、たびたび増水することで川底を一掃し清流が保たれています。
あゆは、川底の石に付くコケを削り取るようにして食べ、成長します。
清流が保たれていることで良質のコケが発生し、香り高いあゆが生まれます。